海外から多数の留学生を受け入れ、国際医療援助にも積極的に取り組み、世界に向けて最新の医学情報を発信しております。

外来案内

外来においては、眼科分野における専門診療を担当するそれぞれの専門医が配置され、 最新、最良の医療を提供して患者さんが安心して治療を受けられる体制となっています。また、四国の関連病院や開業医と連携して、眼科医療の中核施設としても機能しています。

 

徳島大学病院眼科外来では専門外来制をとっています。現在は,角膜,ぶどう膜炎,緑内障,網膜・硝子体,斜視弱視・小児眼科、眼瞼・眼窩・涙道の専門外来があります。以下に外来日程表を掲載しますので,受診の際の参考にして下さい。

 

本院は、高度医療を提供する「特定機能病院」として厚生労働省から認定されております。また、厚生労働省が推進する「病診連携」の立場から、診療を希望さ れる患者さんにはまず「かかりつけ医(病院又は診療所)」を受診いただくことを原則としており、本院での加療が必要と判断された患者さんについては「かか りつけ医」からの紹介状(診療情報提供書)に基づいて受け入れることとしております。

 

本院眼科では、紹介状(診療情報提供書)をお持ちの場合のみ診療することとさせていただいております。1年間 当科に通院がない方についても同様とさせていただいております。

 

本院眼科の受診を希望される場合は、必ず「かかりつけ医(病院又は診療所の眼科)」を受診された上、本院眼科宛の紹介状(診療情報提供書)をお持ちくださいますよう、あらためてお願いを申し上げます。

徳島大学病院眼科メンバー