海外から多数の留学生を受け入れ、国際医療援助にも積極的に取り組み、世界に向けて最新の医学情報を発信しております。

診療・研究案内

緑内障グループ

title_02

緑内障では、目の神経(視神経)が傷んで視野が狭くなります。病気が初期のころは自覚症状がないので進行するまで気がつかないことがありますが、進行すると失明する恐れもあります。日本人では40歳以上の17人に1人が緑内障であるといわれており、家系内に緑内障のヒトがいる方は、一度は眼科で検診を受けておくことをお勧めします。

 

以前は、眼圧の高い方が緑内障になると思われていました。しかし日本人では眼圧が正常な緑内障(正常眼圧緑内障)が多いことが分かってきました。そのため、眼圧検査以外にも眼底の診察と視野検査が大切です。眼圧は診察時に毎回測定します。眼底写真やOCT(光干渉断層計)で視神経乳頭の変化を調べます。HFA(ハンフリー視野計)、GP(ゴールドマン視野計)などで視野検査を行います。視野検査を数か月毎に行って検査データを蓄積していくことで、緑内障の進行を把握することができます。また、日中の診察時の眼圧が低いのにもかかわらず緑内障が悪化していく方では、入院をして24時間の眼圧変動を調べる検査も行っています。この検査で夜間の眼圧が上がっていることが見つかる方がいます。

 

緑内障の治療は、眼圧を下降させることで緑内障の進行(視野の悪化)を遅らせることを期待します。まずは眼圧 を下げる点眼薬で治療を開始します。様々な点眼薬を使用しているにもかかわらず緑内障の進行が早い方に対しては、手術治療を選択することがあります。緑内 障の病状に応じて、線維柱帯切開術、線維柱帯切除術、隅角癒着解離術などを行っています。

 

 

緑内障外来からのご案内


ほとんどの緑内障の方は数年から十数年かけてゆっくりと進行するタイプの緑内障であり、点眼治療だけで生涯にわたり不自由のない視力を維持することができます(白内障などの加齢性の変化については適切な時期に治療を受けてください)。かかりつけの眼科医と相談しながら、長い目でみた定期受診を続けてください。

 

 しかしながら、ときに、数日で失明してしまうタイプの緑内障(緑内障発作)を起こす方います。先に述べたよ うな緑内障とは全く別の症状で、以前に全く緑内障を指摘されていないにも関わらず、何の前触れもなしに数日で進行します。頭痛、吐き気や嘔吐(食欲不 振)、眼痛、充血、急激な視力低下、の全ての症状が出てきます。頭痛と嘔吐がひどいので内科や脳外科を受診される方が多いですが、頭痛や嘔吐に加えて眼痛 と急激な視力低下が起こっている場合には、近隣の眼科クリニックや救急病院を早急に受診して、緑内障発作の有無を診断してもらってください。