海外から多数の留学生を受け入れ、国際医療援助にも積極的に取り組み、世界に向けて最新の医学情報を発信しております。

診療・研究案内

斜視弱視グループ

title_02

斜視弱視外来では、おもに斜視・弱視や小児の発達に伴う眼の病気などを診療しています。

斜視とは両眼の視線が揃わない眼の位置の異常です。弱視とは何らかの原因により視力の発 達が障害され、矯正しても視力がでない状態です。視機能は生まれてからものを正しく見ることで成長しますので、その発達時期の間に適切な治療を行う必要が あり、原因により眼鏡装用、アイパッチでの片眼遮蔽、手術などを行います。大人の斜視でも複視や眼精疲労の軽減、整容などの目的に治療を行います。

当院では熟練した視能訓練士が各種検査を行い、眼科専門医と連携して視能訓練・指導などにあたっています。また、斜視弱視の他にも未熟児網膜症や先天性白内障、網膜芽細胞腫など小児の眼疾患についても診療を行っています。