海外から多数の留学生を受け入れ、国際医療援助にも積極的に取り組み、世界に向けて最新の医学情報を発信しております。

診療・研究案内

ぶどう膜炎グループ

title_02

月曜日と木曜日に専門外来があり、ベーチェット病、サルコイドーシス、原田病を代表とするぶどう膜炎(眼内 炎症疾患)の診断、治療を行っています。ベーチェット病のような全身症状を伴うぶどう膜炎や、急性網膜壊死やヘルペス性虹彩炎のような眼局所での炎症、ま た原因不明のぶどう膜炎も多く、様々な検査から診断を行っています。治療は診断にあわせ、ステロイド薬、抗生剤、免疫抑制剤を使用しています。最近では ベーチェット病で認可された抗TNF-α抗体治療も内科と協力し開始しています。眼内悪性リンパ腫の早期診断や感染性ぶどう膜炎の診断治療のために硝子体手術にも積極的に取り組んでいます。