海外から多数の留学生を受け入れ、国際医療援助にも積極的に取り組み、世界に向けて最新の医学情報を発信しております。

先輩からのメッセージ

 

 

 

                      仁木 昌徳(にき まさのり)

先輩からのメッセージ

 

 

 

 

 

眼科は特殊な診察技術が学べる診療科です。徳島大学では網膜硝子体・角膜・緑内障・ぶどう膜・斜視・眼瞼眼窩・涙道といった分野があり、幅広い知識を得ることができます。後期研修からは外来診療やレーザー治療等も担当するようになり、斜視・眼瞼・白内障手術の執刀をします。また、年間を通して学会が多く、国際学会にも参加を行っています。学会では勉強はもちろんのこと、他大学の先生との交流ができるので充実しています。

眼科は日々できるようになることが多く、やりがいがあると思いますので、みなさんもぜひ研修でまわってきてください。

 

 

 

 

                 講師 江川 麻理子(えがわ まりこ)

先輩からのメッセージ

 

 

 

 

 

眼科はご存じのとおり女性医師が多く、地域医療をささえる大事な存在です。多くの女性医師が仕事を続けていけるよう教室としても力を入れています。

基本的に眼科は一人で外来から手術まで行うことできるため、生活スタイルに合わせて長く働くことができる科だと思います。手術も希望に応じて様々な手術手技の習得ができ、得意分野を極めることも可能です。実際、子育てをしながら手術も研究も頑張っている先生がいますし、出産後に診療支援医師として週1~2回仕事をつづけ、子供の成長に伴い常勤に復帰した先生もいます。また、以前は一人勤務で休みも取れず困っていましたが、最近は関連病院を複数勤務にすることで安心して働けるようになりました(子育てをしながら頑張っている先生がたくさんいます)。

手術をバリバリしたい方、家庭とのバランスを取りながらキャリアを継続したいと思っている方、ぜひ眼科でがんばってみませんか。